タイの総合情報サイト|観光・グルメ・ショッピング

インスタ映えのタラート・ロットファイ・ラチャダー(鉄道マーケット)

バンコクにはいくつかのナイトマーケットが存在します。
チャオプラヤー川のほとりにある、アジアティーク・リバー・フロント(Asiatique The River Front)をはじめ、夜の屋台やバザーの雰囲気を味わえるのも、タイの魅力です。

今回は、電車でのアクセスも良く、おしゃれなナイトマーケットで話題の「鉄道市場」とも呼ばれる、タラート・ロットファイ・ラチャダー(Talat rotfai ratchada)への行き方、楽しみ方などを紹介します。

こちらのマーケットは、衣料品や雑貨、飲食の屋台の数も多く、タイの雰囲気満載のマーケットで、2015年にオープンしたインスタ映えのするナイトマーケットで、月曜〜日曜まで毎日やっています。

バーのエリアのスペースも広く設けているため、屋台でつまみつつ、雑貨巡りし、リゾート感溢れる解放的なバーでビールを飲んで楽しむことができるので、お酒好きの方にも非常におすすめします。

エスプラネードの駐車場の4階からは、カラフルなテントが集合した様子が大変美しく、ここからの眺めが人気の撮影スポットになっています。

タラート・ロットファイ・ラチャダーへの行き方

アクセスは非常によく、MRTのタイカルチャーセンター駅から徒歩ですぐのところにあります。
3番出口から地上に出ると、左手に見えるショッピングモールのエスプラネード内を通っても行けますし、エスプラネードの脇の道(こっちの方が近い)からも行けます。

人の波について行けば、3分くらいですぐつきます。

ちなみに、深夜1時くらいまでやっているため、帰りの電車を確認しておくと良いでしょう。
電車が無くなると、駅のところでトゥクトゥクが客引きをしており、観光客向けのお値段で乗車は可能ですが、通りの向こうまで歩いていき、流しのメータータクシーをつかまえたほうが無難です。

 

【絶景スポットへの行き方】

おすすめは、エスプラネードに迷わず入り、4階の駐車場を目指し宝石箱のようなマーケット全体を撮影しましょう!

エスプラネードに入るとエスカレーターがありますが、それには乗らず、右側の奥をめざして歩くと駐車場に行けるエレベーターがあります。エレベーターに乗り4階で降りると、よくあるデパートの駐車場の雰囲気ですが、実はそこがインスタ映えする絶景スポットなんです!

無数に並ぶありとあらゆる屋台

タラート・ロットファイ・ラチャダーの屋台(焼肉)

マーケットに入ると、すぐにものすごい数の屋台がお出迎え。

スムージーやココナッツジュースなどのフルーツ系はもちろん、パッタイ、カオマンガイに焼き鳥などの食事系もかなりの数出店してます。お店によってはテーブルもあったりので、座って食べることもできます。

シーフード料理などもたくさん出店していて、ビニール手袋をして手で豪快に食べている現地の人や旅行者も多くみられます。
ナイトマーケットで今ブームです♪

あまりお腹も減っていなかったので、ビールで焼き鳥やローティなどつまみ食いしながら歩いてました。

雑貨店も数多く出店されており、洋服などは他のナイトマーケットに比べると若者向けのお店が多く、ややファッショナブルな印象です。女性向けのバックや香水、アメリカ雑貨やアンティーク商品なども多く見ていてワクワクしますね。

バーの雰囲気がとにかく良い!

タラート・ロットファイ・ラチャダーに立ち並ぶバー
マーケットの奥のほうは、バーがたくさん出ており、二階建てになっているので、マーケットの見晴らしが非常によく、気持ちよくビールを飲めます。どのお店もビールが何本かセットで注文でき、店員さんもゆっくり仕事しているので、注文がまだ来ないといったストレスは無く、気分よく開放的な空間でビールが飲めます。

バンコクに滞在される際には、ぜひタラートロットファイラチャダーのナイトマーケットへ行ってみてください!

かなりオススメです。

 

施設名:タラート ロットファイ ラチャダー (ラチャダー鉄道市場) Ratchada Train Market
住所:Thailand, Ratchadaphisek Rd, Bangkok
アクセス:MRT タイ文化センター駅(Thailand Culture Center)

SNSでフォローする
関連記事
No articles